FC2ブログ
鴻巣ジュニアサッカークラブ第32期生 ホーム »H30 サッカーの本質
カテゴリー「H30 サッカーの本質」の記事一覧

「早いうちに挫折を経験したほうが良い」  

まだ、だれも”成功”してはいないと思うけど、今成功するよりは、逆に今苦しんだほうがキミたちの将来のためになる。今ならまだまだ這い上がっていける。まだ始まったばかり。

中村憲剛が語る、サッカーが上手くなるためにも「早いうちに挫折を経験したほうが良い」理由
スポンサーサイト



カテゴリ: H30 サッカーの本質

選手を成長させるハングリー精神の追求  

静学スタイル・井田勝通p67  

 今の日本は、自分が満州から引き上げてきた幼少期には全く想像もできなかったほど豊かになっている。
 昭和から平成へ移行した約25年前のダブル時代ほどではないにせよ、日本の場合は街中に失業者やホームレスがあふれているわけではないし、ひったくりや泥棒が日常茶飯事のように出没するわけでもない。こんんなに安全で平和な国は滅多にない。ブラジルのようにファベーラ(貧民街)から出てきた選手が名を挙げ、世界へ羽ばたくような例は、日本には少ないのが現実だ。
「そういう環境下ではハングリー精神は育たない」と言う人は少なくない。
 確かに、貧乏で飯が食えないから、絶対にこの日の試合に勝って銭を稼がなければばいけないような選手は、目の色を変えて戦うだろう。そういう種類のハングリー精神というのは、確かに存在する。
 だが、俺は「ハングリー」という言葉には別の側面があると思っている。
 かつてゴルフ界にジヤック・ニクラウスという「帝王」の異名を取った名選手がいた。2005年に引退し、現在は第一線からは退いているが、全米や全豪などのビッグトーナメントを次々と制した、誰もが知る人物である。
 彼は貧乏人の子供ではなかった。にもかかわらず大成している。その理由は極めてシンプルだ。
 ニクラウスは、自らの技術向上に対してどこまでもハングリーだったのだ。
 だからこそ、高齢になるまで、より高いものを追い求め続けた。その貪欲な姿勢は引退するまで衰えることがなかった。
 人をハングリーにさせるのは、生い立ちという要素だけではないのだ。
 この例をサッカーに置き換えてみると、選手にはそれぞれ足りない部分がある。ある選手は足の遅いことに悩み、ある選手はフィジカル的に弱いことが課題だったりする。いくらドリブル練習をしても思うようにボールコントロールができなかったり、シュートがなかなか決まらないというのはよくあることだろう。
 このマイナス面を克服するために、何らかのアクションを起こさなければいけないと考え、自ら取り組んでいける選手は、ハングリーであり続けられる。
 そういう前向きな思考を持てる人間でなければ、決して大成しないのだ。
 俺自身も、昭和51年度の選手権のことを忘れたことは一度もない。初の選手権出場で、有ケ谷二郎や三浦哲治や宮本昭義、1年生だった杉山誠・実兄弟たちの活躍もあってとんとん拍子で決勝まで勝ち上がれたものの、最後に浦和南に4-5で敗れたショックは非常に大きかった。
 自分としては、ウチの持ち味であるボールをキープしてドリブルでゆっくり攻めるサッカーがどの程度できるかが「勝負のカギ」だと思っていた。が、ボールを持ち過ぎる悪い面が出てしまった。そこを浦和南は狙っていた。中盤からの素早いつぶしを仕掛けてきて、ウチの選手たちが不用意にボールを奪われ、カウンターを決められた。選手たちはよくやってくれたと思ったが、あのつぶしに屈するようなテクニックではダメだと感じたのもまた事実だ。 「来年はこれを超えるテクニックを身につけて、再び選手権決勝の舞台に戻ってくるんだ」と強く決意したのをよく覚えている。
 それを果たすまで20年近い年月がかかってしまったが、俺ら学園の選手だちと一緒に大願成就させた。そこまで気持ちを維持できたのも、あの時の悔しさと挫折感があったから。壁にぶつかった方が、ハングリー精神は育つのだ。
 ちょっとした壁にぶつかった時、人は「自分には才能がないから努力しても無駄だ」と諦めてしまいがちだ。しかし、生まれつきの才能というのは、それほど大差のあるものではない。時間をかけて努力すれば、埋められない差はぼぼないと俺は考えている。
 そこで、肝心のI歩踏ん張るかどうか……。
 この一歩が、成功者と失敗者の分かれ道なのだ。
 1から99までは、普通の身体能力と才能、努力で誰でも到達できる。しかし最後の一歩というのはとにかく苦しい。その壁を破れるかどうかは、ほんのちょっとの差でしかないが、そこで諦めて引き返してしまう人と、何とかして乗り越えてしまう人がいる。両者の結末は天と地ほどの差になるのだ。
 苦しい苦しい一歩を乗り越えるためにも、自分の中でハングリー精神を持ち続けることが肝要だ。
 繰り返しになるが、ハングリーというのは貧困や不遇などの外的要素だけに起因するものではない。
 それを指導者はしっかりと再認識したうえで、子供たちの内的ハングリー精神を引き出すように仕向けていくべきだ。

カテゴリ: H30 サッカーの本質

U-21森保ジャパンの逸材ボランチは目指す理想のスケールがデカい  

U-21森保ジャパンの逸材ボランチは目指す理想のスケールがデカい

カテゴリ: H30 サッカーの本質

忘れ物したら試合に出られない。届けるのが親の愛情じゃないか問題  

 
練習でもそう、オフザピッチでもそう、普段からいい準備をしていなければ、いざ、というときに力を出すことなんかできるわけはない。
失敗をから学ぶ。自分で考えて自分から答えを導き出す。
そして、決して、人のせいにしない。「xxが○○してくれなかったから、△△になっちゃったじゃん。。。」こんなことを言って周りにかみついているうちは、まだまだ。



サッカーだけではない、これから大人になっていく過程で、人間として大切な何かが詰まっていますね。

忘れ物したら試合に出られない。届けるのが親の愛情じゃないか問題

カテゴリ: H30 サッカーの本質

“生意気小僧”原口元気の少年時代。  

“生意気小僧”原口元気の少年時代。

カテゴリ: H30 サッカーの本質

モドリッチの巧さの理由   

モドリッチ、
半端ない!!!

モドリッチの巧さの理由

カテゴリ: H30 サッカーの本質

大島僚太に「自分の全てを教えた」  

大島僚太に「自分の全てを教えた」
憲剛流ゲームコントロールの極意。
NUMBER WEB

「自分の全てを教えたよ。全部を叩き込んだつもり」  
日本代表の壮行試合となったガーナ戦を終えたタイミングの頃だ。W杯ロシア大会に臨む日本代表・大島僚太について、中村憲剛がそんな風に話している。そして、本大会へのエールをこう続けた。
「リョウタがやってくれることが国内組の評価にもつながる。もしやれなかったら、『Jリーグだから』と言われるかもしれない。でもガーナ戦を見た限りでは中心になってやれる。『自信を持ってやれ』と言いましたよ」
 手塩にかけて育てた大島が世界の舞台で躍動する姿を、心待ちにしているようだった。

川崎に憲剛がいるとは知らなかった。

 大島僚太が川崎フロンターレに入団したのは、2011年のことだ。
 静岡学園高校3年生のとき、夏の大会でフロンターレのスカウトだった向島建の目に止まり、秋の練習参加を経て急遽内定となった。決まっていた大学進学を取り消し、異例の「滑り込み」で入団が決定したことは、いまだ有名なエピソードとなっている。
 高校時代は、熱心にテレビ観戦をするタイプではなかった。高3時に開催された2010年の南アフリカW杯も、時差があった関係で試合をしっかりと見た記憶がないという。Jリーグの事情にも疎く、川崎に練習参加が決まった際も、思い浮かぶ選手といえばジュニーニョぐらい。
 日本代表である中村憲剛や稲本潤一の存在は知っていたものの、彼らが川崎に所属していたことを把握しておらず、練習参加前に同級生から言われて、「そうなんだ」と気づいたほどだった。
 ただ先入観がないゆえに、フラットな眼を持っていたとも言える。
「だって、まわりがいくら『すごい!』と言っていても、実際にはそうではなかったりすることってあるじゃないですか」と笑っていたのを覚えている。周囲の評価や名前ありきで、実力を評価したりもしない。あくまでピッチに立った自分の肌感覚を大事にしているのは、現在と変わっていないところだ。

「風呂、行くか?」「いや、いいです」

 練習参加したときに、そのプレーを目の当たりにして衝撃を受けた選手がいる。
 中村憲剛である。
「ケンゴさんは、本当にすごいと思いましたね。目の前で練習と試合を見て、『本当にすごい! この人より巧い人は見たことない! やばい!』って、みんなに言いたくなりました(笑)」
 中村憲剛の巧さを知らないサッカーファンは日本中で君ぐらいだよとツッコミたくなるところだが、詳しく知らなかったが故に、その興奮ぶりも格別だったのだ。
 その数年後、両者は師弟関係を築くことになる。ただ、それがすぐに始まったわけではない。例えば新人時代のキャンプ中、人見知りでシャイな性格の大島は、中村からの「風呂、行くか?」という誘いを、緊張のあまり「いや、いいです」と思わず断ってしまったという伝説がある。「入った頃のリョウタは、ほとんど俺と会話ができなかったからね」と当時を思い返して中村も笑う。

技術以上に、サッカー脳を伝える。

 ピッチ内で少しずつ出場機会を掴んだ大島は、風間体制後にスタメンとして定着。'14年からは中村とダブルボランチを組む機会が増え始め、日本屈指のゲームメーカーの隣で舵取りを叩き込まれて頭角を現していく。リオ五輪代表からA代表と着実にステップアップしていき、そしてW杯ロシア本大会に選出。その共同会見の場で、大島は中村に対する感謝の言葉をこう述べている。
「サッカーでどう勝つか。試合でどう勝つかを考えずにプレーしてきた。そういったことを1から教えてもらい、見よう見まねでやってみることから始まった。全てを教えてもらったと感じてます」
 全てを教えたと話す中村憲剛が、大島僚太に最も伝えたかったこととは何だったのか。
 それは技術的な面ではない。ゲームの流れを読む思考や駆け引き、いわば「戦術眼」などサッカー脳の部分だったという。

行き詰まったタイミングでヒントを。

「相手が今、どうしたいのか。とにかく、そこに敏感になれ」
 そのことを何度も大島に説いたと中村は言う。
「相手がどういうシステムで、こっちをハメに来ようとしているのか。そうしたら、どこが空くのか。ボランチが、そこを一番敏感に察知しなくてはいけない。相手の一番嫌なところを突くように味方を先導するのがボランチの仕事。相手が一番隠したいところを引き出されるわけで、そういうのをプレーで見せることが、怖さにもつながる。それをプレーで見せたりとか、話しながらとかしてましたね」
 自分のやりたいことをやるのではなく、相手の出方を見て、その弱点を突いていく。その柔軟性を植え続けていたのである。
 とはいえ中村も、手取り足取りで大島にレクチャーし続けていたわけではない。大島が行き詰まっているのではないかと感じ取ったタイミングで、その壁を越えるヒントを中村が伝えるというのが、2人の関係性だった。大島も熱心にアドバイスを求めるタイプではないが、いざというときに伝える言葉に真剣に聞き入る姿に、中村も助言を惜しまなかった。
「モノはあったからね。もちろん、そこから先で伸びていくかどうかわからない。でもユウ(小林悠)もリョウタもそうだけど、素直だった。耳を傾けて、自分のものにしていける。そこで、もし『僕は、そうじゃないです』とか『僕、もう大丈夫です』と言われていたら、自分も話はしなかったと思う」

昨年、久しぶりにアドバイスした。

 近年は助言する機会もめっきりと減っていたが、あるとき、「久しぶりに(大島に)アドバイスをしたよ」と中村が明かしてくれたことがあった。
 それは去年の3月、完敗を喫したリーグ第4節・FC東京戦(0-3)の後のことだ。
 狭い中央の密集地帯でもボールを扱える技術と機動力を持つ大島だが、それゆえに、対戦相手は、より徹底したマークで止めてくるようにもなっていた。このFC東京戦でも激しい圧力を中央で受け続け、マッチアップした橋本拳人にはファウルも辞さない覚悟でプレーを止められた。警告を受けた橋本は後半途中でベンチに下がったが、代わって入った田邉草民もハードマークを続ける徹底ぶりで、大島のユニフォームが破れてしまうほどだった。

ちょっと息抜きで相手を困らせてみる。

 タイトな大島シフトを敷かれた結果、中央からの打開策を失った川崎は、この試合で鬼木体制での初黒星を喫している。
「狭い真ん中をどうやって崩すか」にこだわっていた大島の姿をみかねた中村は、後日、アドバイスを伝えることにした。
 それはビルドアップの時に、中央だけではなく、サイドバックやセンターバックの間などにポジションを取る動きを意図的にやってみるという駆け引きだ。その位置取りによって、相手の守備陣形がどう出るのかを観察して揺さぶってみるのである。中村は言う。
「自分もたまにやるんだけど、フラッとわざとサイドバックのほうにいく。そこで(相手の)誰が出てくるかを観察する。リョウタはボールを受けて、1人を剥がす。それはすごいけど、怪我もあるし、運動量も多い。基本的に真ん中でサッカーをするから、とにかく消耗するし、削られる。それを考えると、相手を動かして、スペースを作るという作業もこれからは必要になる。ちょっと息抜きのために、相手を困らせてみるのも良いんじゃないかと」

「ヤットさんもよくやる」極意。

 主戦場はあくまで中央だが、ときにはわざとサイドにズラすことで、相手の目先や重心も動かしてみる。そうやって守備組織の穴を探るポジショニングでの駆け引きについて、中村は「ヤットさんもよくやる」と遠藤保仁の名前を挙げて話していた。
 実際、こうした提言は、大島の心にも強く響くものだった。珍しく饒舌に語ってくれたものだ。
「自分のところで相手の守備のスイッチが入っているところがあるのは、やっていても感じていました。それをどう崩すかを考えていた部分も強いんです。サイドに流れたら、真ん中が空いてしまう不安もありました。ただうまく引き出して、サイドに流れてポジションを取る。そういう労力を使わない方法もこれからは必要かなと。その使い分けがあれば、相手の守備もやりにくさはあると思いますね」

「俺は育て方を間違っていなかったな」

 こうした助言を経ながら、大島はゲームコントロールの極意を身につけていった。そしてチームは昨年リーグ制覇を果たしている。優勝が決まって等々力のピッチで泣いてうずくまる自分の元に、すぐに大島が駆け寄ってきていたことを映像で知った中村は、感無量だったという。
「最初、ノボリ(登里享平)が来ているのかな。で、その後にリョウタが来ているんですよ。それを見て、『よかった。俺は育て方を間違っていなかったな』と(笑)。自分の思いをちゃんと汲んでくれていたんだな。あれをみて、このチームで優勝してよかったなと思った」
 ロシア大会の舞台の幕が、まもなく上がる。中村は自分の思いを重ねるように、期待を寄せる。
「楽しみだよね。前回は、ヨシト(大久保嘉人)ぐらいだったし、そういう楽しみがなかったから。リョウタが日頃、ここでやっていることをどれだけピッチで出してくれるか」
 スイスとの親善試合、中盤では大島を経由するボールが明らかに増えた。
 それは西野ジャパン対策を進めている対戦相手からのマークが厳しくなることとイコールでもあるが、そんな状況に直面したときの打開策も、大島には備わっているはずだ。
 いかにして相手を困らせることができるか。
 W杯のピッチで、そんなことを考えながらプレーしている大島僚太の姿を目撃したい。

カテゴリ: H30 サッカーの本質

柴崎岳はなぜ一流になれたのか?  

今日からロシアW杯が開幕。いよいよ臨戦態勢。。。

W杯前最後の親善試合となったパラグアイ戦。得点こそなかったものの、前半何本も鋭い縦パスを通していたヘタフェの柴﨑岳選手。

努力しない天才はいない。


そういえば、かのトーマス・エジソンもそんなことを言っていた気がする。

柴崎岳はなぜ一流になれたのか?

カテゴリ: H30 サッカーの本質

「どうやったらマラドーナに勝てるか」監督・風間八宏の原点  


「どうやったらマラドーナに勝てるか」監督・風間八宏の原点

カテゴリ: H30 サッカーの本質

ドリブルの優先度がパスより低い5つの理由。”バルサメソッド”に学ぶレガテの指導術  

バルサの至宝イニエスタのプレーを生で見られるかもしれないと思うと、ワクワクしてきますね。

ドリブルの優先度がパスより低い5つの理由。”バルサメソッド”に学ぶレガテの指導術


カテゴリ: H30 サッカーの本質

プロフィール

訪問者数

最新コメント

合言葉は

ロッテ、思ひ出のアルバム

▲ Pagetop