FC2ブログ
鴻巣ジュニアサッカークラブ第32期生 ホーム »H26リーグ戦
カテゴリー「H26リーグ戦」の記事一覧

北彩U-9(こいのぼりリーグ)第9節(最終節)  

2015年3月8日(日)
県営はなさき公園多目的グランド
8人制、15分ハーフ

深夜から雨が降り続き、「先週に引き続き中止かな」と半分あきらめていましたが、リーグ最終節でもありまたグランドが雨に強いはなさき公園ということもあり早々に決行のお知らせ。とはいえ、道中はもちろんグランドに到着してからも冷たい雨がしとしと。。。(三善英史を思い出しちゃいました、って、たぶん知ってる人は誰もいないかも)。こんな天候でも試合に飢えているジュニアくんたち、悪天候をものともせず(やっぱり、悪天候のほうが好きなのかな?)3週間ぶりとなった試合に3年生9人、2年生1人の10人が参加してくれました。

◆第1試合 vs イーレクス古河
結果:1-1(前半:0-1、後半:1-0)
得点:リョウ

初戦ははじめて対戦させていただくイーレクス古河さん。相手の出方を探りながら、と思っているうちによくわからん失点。ボールにより過ぎて後ろに気が付かなかったのかな。その後はほぼ相手陣内でボールを回して攻め続けるも前でボールが収まらない。ここ何週間か練習しているトラップ(ファーストタッチ)がいかに大切かわかってくれたかな。後半にはいりなんとか1点を返すも、その後もボールは持てども意図したボールがつながらない。無理やり相手に突っ込み苦し紛れに(デビル)パスを出しても、かえって味方のピンチになるだけ。ひたすら練習あるのみ。

◆第2試合 vs 深谷藤沢
結果:3-2(前半:0-0、後半:3-2)
得点:ダイスケ3

いつ止むともしれぬ雨が降り続く中の2戦目。お相手は初めて対戦させていただく深谷藤沢さん。相手のあたりはいつになく強かったけど1試合目同様ジュニアがボールをもって攻めている時間は長い、、、けど決められない。後半トップに入ったダイスケがジュニアシュートのこぼれ球をポンポンと押し込み2-0。相手の肘がのど?肩?に入ったコウが負傷退場すると、気持ちを入れなおした相手の怒涛の攻めを受けてこれまたポンポンとあっという間に同点にされてしまいました。それでも最近のジュニアは自分たちで盛り立てるスベを少しづつ覚えてきたようで、直後のワンプレーでキックオフからつないだボールを最後はダイスケが決めハットトリック。苦しい試合(まあ半分くらいは自分たちで苦しくしていましたが)をなんとかものにしました。
北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 

◆第3試合(コート決勝戦) vs 大利根北川辺
結果:9-1(前半:5-0、後半:4-1)

得点:ジェームス2、アユム、タクマ5、ユキヒサ
ブロック1位抜けし、隣のブロック1位の大利根北川辺さんとのコート決勝戦。こいのぼりリーグの卒業試合でもあります。
この試合は立ち上がりから相手陣内に攻め込みコンパクトな陣形を保てていたので、CBヒロムがよく見て右に左に直接スルーパスを通していました。特にタクマとのコンビネーションが抜群だったかな。スルーパスを受けたタクマが何度も切れ込み、マイナスをだしたり自分でチップシュートを決めたりと5得点の大爆発。ジェームスも久しぶりにしっかりとミートした”ごっつぁんゴール”。アユムのキーパの逆を突いた”おしゃれゴール”。SBリョウのオーバーラップ、そして最後は、SBユキヒサのミドルシュートがゴールに突き刺さり気持ちよく締めくくってくれました。
北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 北彩U9 20150308 

今日は3試合。いつもに比べたらちょっと物足りず体力が有り余ってそうだったので、まだほかのチームが試合をやっているグランドの(広大な)スミを使って、リフティングやら馬とびやら、「コーチのロングキックをダイレクトキャッチゲーム」やらさらに1試合分体を動かして終了。コーチは100本くらいロングを蹴らされたような、まだ右足がジンジンとしています。明日歩けないかも。

今日で1年間にわたった北彩U-9リーグ(こいのぼりリーグ)は終了。と言っても今年は雨に泣かされ結局ジュニアは4回しか参加できませんでした。来年は、北彩U-10リーグ(ジュニアリーグ)、そして新たに埼玉サッカーSNSリーグにも参戦します。

ちなみに、ジュニア32期生の北彩U-9リーグでの通算成績は以下の通りです。
全12試合(9勝1敗2分、得点:53、失点:9)

本日対戦いただきましたイーレクス古河さん、深谷藤沢さん、大利根北川辺さん、ありがとうございました。またよろしくお願いします。また一年間リーグ運営にご尽力いただきました連盟の皆様、お疲れ様でした、ありがとうございました。
Oコーチ、Tコーチ、朝早くから最後の片づけまでお付き合いいただきましてありがとうございました。母集団のみなさん、悪天候の中今日もたくさん応援に駆け付けていただきましてありがとうございました。感謝感謝。からだがイタイ。

スポンサーサイト



カテゴリ: H26リーグ戦

北彩U-9(こいのぼりリーグ)第7節  

2015年1月4日(日)
羽生大沼グランド
8人制、15分ハーフ

今日は一日ポカポカ陽気。まだまだお正月気分が抜け切れていない中の新年最初の試合。
そもそも年末は全然人数が揃わなかったので試合自体が約一ヶ月ぶり、さらに今年のこいのぼりリーグに至っては天候に悩まされ続けて、なんと7月以来4ヶ月ぶり。ご無沙汰感マンサイの初試合となりました。ジュニア3年生は、年末年始に風邪やらぜんそくやらで6人集まるのがやっと。2年生2人に応援に来てもらって、交代要員なしの8人ギリギリで久しぶりのこいのぼりリーグを闘ってきました。

◆第1試合 vs 羽生Boys
結果:0-0(前半:0-0、後半:0-0)
得点:
北彩U9 20150104 
(ジュニアの子のボールが試合で使われたのは何年ぶりだろう?もっと空気入れないとね)
北彩U9 20150104 
(腰のキレがなかったな)
北彩U9 20150104 
(ボール触れたのは1試合目だけだけど、今日は安心してみていられました)
北彩U9 20150104 
(少し追い込みかけないとね)
北彩U9 20150104 
(かなり追い込みかけないとね)
北彩U9 20150104 

◆第2試合 vs 加須少年
結果:3-0(前半:2-0、後半:1-0)
得点:タクマ2、ユキヒサ
北彩U9 20150104 北彩U9 20150104 北彩U9 20150104 北彩U9 20150104 
(この足だからバックスピンするんだよ。軸足の膝で力を受け止めていない、蹴り足が棒になって足の先がふにゃふにゃ。カラダの力が全然ボールに伝わらず、ボールをすくいあげちゃう。ひらすら特訓あるのみ)
北彩U9 20150104 北彩U9 20150104 
(逃げずによくボールを迎えに行きました)
北彩U9 20150104 
(年末年始の特訓の成果は?)

◆第3試合 vs 春日部豊春
結果:4-0(前半:2-0、後半:2-0)
得点:タクマ、アユム、ヒロム、ジェームス

北彩U9 20150104 
(練習不足?プレーが小さい、動きが少ない)
北彩U9 20150104 北彩U9 20150104 北彩U9 20150104 北彩U9 20150104 
(最近は安定感バツグン)
北彩U9 20150104 北彩U9 20150104 
(最後の最後まで危なっかしい、軸足でしっかり立てていないんだよ)

今日は、メンバも揃わず、久しぶりの試合ということもあって、勝ち負けよりみんながサッカーをどれだけ思い出せるか、試合感をどれだけ戻せるかがテーマ。昨日自主トレをやったとはいえ、動けていたのはヒロムとユキヒサくらいかな。1試合目は、キーパーシンのポジション取りの良さのおかげでシュートは何本か打たれるものの危なげはなかったね。ただ、リハビリ明けのアユムは動きが重いしプレーが軽い、ジェームスに至ってはいつもの通り運動不足、タクマもまだ本来のキレがない。2年生はがんばってはいたものの夏くらいからあまり成長を感じられない。一日重たいゲーム運びばかりでした。

来週はいよいよ北北ちびっ子後期大会の決勝トーナメントです。なにより早く体調を万全にして復帰してほしいけど、このままでは。。。明日から少ししぼろうかな。。。

本日対戦いただきました羽生Boysさん、加須少年さん、春日部豊春さん、ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いします。Oコーチ、(2年の)Tコーチ、新年早々審判対応ありがとうございました。今年も最初からたくさんの方に応援に駆けつけていただきました母集団の皆さん、ありがとうございました。

カテゴリ: H26リーグ戦

北彩U-9(こいのぼりリーグ)第3節  

2014年7月6日(日)
北川辺渡良瀬 芝グランド
8人制、12分ハーフ


ここのところ毎度お決まりのように天気が悪かった週末ですが、今日は朝から晴れ間も出て暑さも戻ってきた梅雨の合間のサッカー日和。32期生は、試合をやりたくてうずうずしていた8人と怪我でサッカーは出来ないけど応援に駆けつけてくれた2人の10人、2年生と1年生が2人ずつの計14人でこいのぼりリーグの定期戦に参加してきました。早朝、車中でワールドカップ準々決勝のオランダ vs コスタリカ戦を見ながらグランドに向かいました。
先日入団したシンイチロウのデビュー戦となりました。

◆第1試合 vs 宮代東
結果:7-0(前半:4-0、後半:3-0)
得点:コウ2、ダイスケ、アユム、タクマ2、ユキヒサ
3年生としては、先月の北北ちびっ子大会予選以来の試合。毎週のように練習やミニゲームはやってはいるものの、広いコートで8人制の試合感覚を忘れていないか、ちょっと心配な立ち上がりでしたが、いかんせん最初は動きも重く、来たボールをただ蹴り返すだけ。前半先制して以降は、少しずつコートを広く使い、ボールを前だけではなく横や後ろに余裕を持って回せるようになり落ち着いてきました。この試合は、前半トップに入った2年生のダイスケもたくさんボールに絡んで得点も決めてくれました。また後半はシンイチロウがトップでデビュー。あとで聞いたら結構緊張していたようですが、楽しそうにサッカーをやっていたね。
北彩U9 20140706 
(エモノをねらう小さなダイスケ)
北彩U9 20140706 
(見事にしとめました)
北彩U9 20140706 
(ボールばかり見ていると周りが見えないよ。もっと背筋を伸ばして胸をはって)
北彩U9 20140706 
(きょうも一日いい仕事をしてくれました)

◆第2試合 vs 行田中央キャッスル
結果:7-0(前半:3-0、後半:4-0)
得点:アユム、ヒロム2、ユウ、コウ3
1試合目とはポジションを大きく入れ替えて臨んだ前半は、後ろに下がった子達が攻めたくてしょうがないらしく前に前に上がってきてしまうものだから、ボールも思うように回せないとってもキュウクツなサッカーになってしまいました。そんな中で、ここのところすっかりサッカーにのめりこみ始め気持ちも少しずつ強くなってきた2年生のユウが初ゴールを決めてくれました。ゴールを決めたあと、とっても嬉しそうに走っていたね。後半は少しポジションを修正、落ち着いて広くボールを回せるようになり安心して見ていられました。この試合、サイドバックのユキヒサがオーバーラップからのシュートを見せてくれました、ゴールには成らなかったけど、こういうプレーもできるようになると、攻めるパターンが増えてくるね。
北彩U9 20140706 
(今日も大量得点、でもその倍以上は決定的なチャンスを逃していたような。。。トラップとボールのもらい方だね)
北彩U9 20140706 
(少しずつボールをもつ姿勢が良くなっていたかな)
北彩U9 20140706 
(初ゴールを決めて嬉しいのはわかるけど、どこまで走って行くんだ。。。)
北彩U9 20140706 
(やっと止まった)

◆第3試合 vs 行田レジェンド
結果:4-0(前半:2-0、後半:2-0)
得点:コウ2、ダイスケ、タクマ

今日の最終戦。この試合もコートを広く使い、大きなサッカーを見せてくれました。この試合では、サイドハーフに入ったコウが相手ボールをしつこく追い回してボールを奪い、そのままシュートまで。前からのディフェンスができるようになるともっと得点シーンが増えるよ。
北彩U9 20140706 
(センタリング!!!「ゴール前に走りこんでくれよ」)
北彩U9 20140706 
(?一人ひざ”カッくん”か? 身体がついて行っていないんだよね)
北彩U9 20140706 
(こっちも?身体がついて行っていないぞ)
北彩U9 20140706 
(遠慮しなくていいよ)

終わってみれば3試合無失点の18得点。得点だけでなく、3試合とも、前だけでなく横も後ろも使い”幅と深さ”のあるサッカーができるようになってきたことが大きな収穫。まだまだ覚えなければいけないことは山のようにあるけど、確実にキミたちのサッカーが進化してきているのは間違いありません。今年になって入団してきてくれた5人を含めて、もっともっと一杯練習してもっともっとうまくなろうね。試合の合間に、リョウ、ユキヒサ、タクマにコウもだれに言われるでもなく自分で黙々と練習しはじめたのは嬉しかったな。

◆番外編
鴻巣ジュニアの全試合終了後、コーチはグランドの後片付けの手伝い。寂しく残って全試合が終わるのを待っていようかなと思っていたら、アユム家、コウ家も居残り志願(?)。2時間ほど時間があったので、その時間を使って、早速昨日のファンタジスタ検定の技を特訓していました。来週の4年生の大会に参加したいからと、リフティングの練習を続けて見事クリアしたコウ、動機はよくわからなかったけど何やら練習していたアユム、そしてどうしてもスパイクを買ってもらいたくて、他のチームのコーチを捕まえて見本を見せてもらいながら、今まで見たことのない集中力でズーと”大車輪”の練習をしていたヒロム。まあ、すぐには上手くはできないけれど、2時間もこれだけ集中して練習することができれば、あっという間にできるようになるよ。それより、その集中力を学校でもハッキしてくれるといいんだけど。。。

本日対戦いただきました、宮代東さん、行田中央キャッスルさん、行田レジェンドさん、ありがとうございました、またよろしくお願いします。朝早くから審判対応などサポートいただきましたMコーチ、Aコーチ、お疲れさまでした。今日も片道1時間もかかる北川辺まで子供たちの応援に数多くのお母さん方が駆けつけていただきました、子供たちも嬉しかったと思います、ありがとうございました。

カテゴリ: H26リーグ戦

北彩U-9(こいのぼりリーグ)第2節  

2014年6月1日(日)
県営はなさき多目的グランド
8人制、15分ハーフ

今年もジュニアは北彩サッカー連盟のU-9リーグ(通称:こいのぼりリーグ)に参加します。1年間毎月第一日曜日に開催される長ーいリーグ戦です。第1節は都合付かず参加できなかったので今日がジュニアにとっては初戦。まだ6月に入ったばかりだというのに、朝からグングン気温が上がり猛暑日となる(風もなかったので体感気温は40度以上だったかも)中、3年生、2年生、1年生15人、誰も体調崩すでもなく元気に参加してきました。子供たちは普段から鍛えているのでまだなんとかなりますが、大人の方がヤバいです。。。
先日入団した、双子のソラ、リクトのデビュー戦となりました。

◆第1試合 vs 東鷲宮
結果:4-0(前半:1-0、後半:3-0)
得点:ヒロム、リョウ、アユム、コウ
立ち上がりからボールは支配するも、相変わらず攻めが単調、というより一直線。ボールを持っていない子がまだまだサボっているから攻守の切り替えが遅く、パスの出しどころがないんだよね。後半になると縦だけではなく横も使えるようになり、タクマのセンタリングに逆サイドフリーのコウが飛び込みダイレクトでズドン。これだけボールを動かすだけでも相手はついてこれないんだよ。
北彩U9 20140601 
(最近は少しずつ闘う姿勢が板についてきた。もう少しもう少し。後はふだんどれだけボールを触っておけるか)
北彩U9 20140601 
(名付けて「欽ちゃん走り」シュート。なんちゅうフォームだ。でもこれでも決めるんだから、それはそれで大したものなのかも。。。)
北彩U9 20140601 
(腹にカウンターを喰らってダウン。これは痛いよね。。。)

◆第2試合 vs 久喜砂原
結果:4-5(前半:2-1、後半:2-4)
得点:ユキヒサ、シン、ヒロム、リョウ
相手左サイドの快速ウイングにあっという間にバックがぶっちぎられて早々に失点。気を取り直して前半逆転して折り返すも、後半早々にもまたまた同じパターンで同点、逆転を許してしまう。バックが最後まであきらめずに追いきって相手を自由にさせないようにしなければ、ゴールを守る人はキーパーだけ。それじゃキーパーが可哀そう。
ジュニアの攻めは、、、すぐに言われたことを忘れて、目の前にボールが来たら前に何があろうと相手が何人いようとただ前へ前へ。相手に詰まってボールをこねくり回して、あるいは相手を怖がってボールを取られて、あっという間にチャンスがピンチに。後ろや横を使ってボールを大きく回して相手を崩せばもっと簡単に攻められるのにね。昨日の練習のミニゲームでできたことをもう一度思い出してね。
北彩U9 20140601 
(復活)
北彩U9 20140601 
(シュートが決まって全員でお出迎え。さて、決めたのは誰でしょうか?)
北彩U9 20140601 
(遠慮せず、ガンガン行っちゃいなさい)
北彩U9 20140601 
(決めたのはボクです)

◆第3試合 vs 菖蒲森下
結果:7-0(前半:4-0、後半:3-0)
得点:ヒロム、コウ3、リョウ2、タクマ
得点は重ねるものの、攻めの単調さは相変わらず。得点を重ねれば重ねるほどそれが顕著になっていく。無理して突っ込んでボールを奪われ、無理して3人も4人もいる目の前の相手に向かって力のないシュートを打って相手に奪われる。そんなシュートなら打たない方がまし。相手にボールを奪われないことのほうがもっと大事。無理だったら後ろの味方に一度ボールを戻してもう一度作り直そうよ。自分がボールを持った時のプレーの選択肢(シュート、ドりブル、パス)。今何をすればチームのゴールに結びつくのかの判断。
ゴール前で相手にプレッシャ-をかけられて後ろを向いてボールをキープしている自分が無理してシュートを打つより、ゴールに向いて目の前にスペースがあるフリーの味方を使う方がゴールになる可能性が高くないかい?
北彩U9 20140601 
(もっともっとボールに触れ)
北彩U9 20140601 
(念力そんなところであまり見つめてると。。。ボールに穴があいちゃうよ。)
北彩U9 20140601 
(勝負!!!)

本日対戦いただきました東鷲宮さん、久喜砂原さん、菖蒲森下さん、ありがとうございました。今後も交流をお願いいたします。朝のコートつくりから最後の後片付けまで面倒を見ていただきました事務局の方々、ありがとうございました。今年一年よろしくお願いします。審判や子供たちの面倒を見ていただきましたコーチの方々、うだるような暑さの中子供たちの応援に駆けつけていただきました母集団の皆さん、本日もお疲れ様でした。


カテゴリ: H26リーグ戦

プロフィール

訪問者数

最新コメント

合言葉は

ロッテ、思ひ出のアルバム

▲ Pagetop